フラット35の特徴や長所

フラット35で組めるローンは最長35年です。これは他の住宅ローンと同様です。
しかし他と違うのは、その35年間の金利がずっと同じであるという事です。
フラット35は全期間固定金利方式の住宅ローンなので、返済している間ずっと同じ金利という安心感が得られる住宅ローンとなっています。

民間の金融機関で扱っている住宅ローンの場合、変動金利型や固定金利型が取られています。これらの金利の方法だと、返済の途中で金利が上昇してしまう可能性があります。金利が上昇すれば返済額にも影響が出ますので、なかなかリスキーな住宅ローンと言えるかもしれません。
それに対してフラット35の場合は、融資実行時に金利が決定し、月々の返済額も決まります。その金額のまま上がることはありませんので、返済計画が狂うこともないでしょう。

フラット35は、提供する住宅金融支援機構と提携する民間金融機関を通してローンを組む仕組みになっています。その為金利も各提携金融機関の金利に左右されることになります。
殆どの金融機関では変動金利型の方が金利は低くなっています。その為フラット35で適用される金利は高く感じる人もいるかもしれません。

しかしずっと同じ金利で返済できるというのは、揺れ動く社会情勢の中では何よりも安心感の持てるものでしょう。
とはいえあまり高い金利の金融機関を通してフラット35を利用してしまうと、折角の固定金利が返済の負担を生み出すことにもなりかねません。フラット35を利用する際には提携金融機関の金利を確認し、出来るだけ低い金利のローンを扱っている金融機関を選ぶようにしましょう。

ローンの返済生活で出来るだけ実行したいのが繰り上げ返済です。繰り上げ返済を行うことによって、繰り上げた元金にかかる利息分の返済費用を節約することができます。
その為ある程度の資金がまとまったら繰り上げ返済するのが理想とされていますが、金融機関によっては繰り上げ返済に手数料がかかる場合があります。
ですがフラット35の場合は繰り上げ返済手数料は無料です。その為手数料負担を気にしない繰り上げ返済を重ねることが可能になります。

ただし、フラット35では繰り上げ返済は100万円以上からとい定められていますので、まずは100万円の返済資金を貯めるように努めましょう。

そして、住宅ローンを組む際に意外と大きな負担となるのが保証料です。一般の住宅ローンでは、連帯保証人などを立てる必要がない代わりに保証会社が間に入って保証料をもらうことで保証人の代わりになります。この保証料が数十万かかってしまうことも多く、ローン利用者にとって負担となっていることもあります。

そうした保証料は、フラット35では必要ありません。保証会社が保証人の代わりになってくれるというシステムは他のローンと一緒なのですが、フラット35の場合はローン債務者ではなく金融機関が保証料を負担する形になります。そうして負担した保証料は、貸付金利に含まれているのです。

最新人気ランキング