フラット35の技術基準に関して学ぼう

フラット35の融資を受けるためには、その建物が住宅金融支援機構の定める一定の技術基準を満たしている必要があります。その基準とは、以下に示す8種類の条件です。マイホーム購入を検討している人は参考にしてください。

1.接道
原則として、住宅の2m以上の敷地が一般の道路に接している必要があります。

2.住宅の規模
一戸建ての場合は70岼幣紂共同住宅の場合は30岼幣紊両果明僂必要です。

3.住宅の規格
原則として2つ以上の部屋、バスルーム、便所、ダイニングルームなどがあって、独立した生活が営める必要があります。

4. 戸建型式等
火災対策のため、耐火構造をなしていない木造住宅は一戸建て、または連続建てである必要があります。また、耐火構造が施されている住宅内の専用階段は、耐火構造以外の構造とすることが出来ます。

5. 断熱構造
住宅の各部は、室内の温度を一定に保って結露を防止できる構造となっている必要があります。また、一部例外もありますが、グラスウールなどの繊維製の断熱材を用いる場合は、室内側に防湿層を設ける必要があります。

6. 配管設備の点検
点検・清掃のために、炊事室に設置されている給排水その他の配管設備(配電管、ガス管以外)は間口を設けて仕上げ材などで隠れないようにする必要があります。

7.区画
原則として、住宅と住宅の間、または住宅と住宅以外の部分の間は、耐火構造または一時間準耐火構造の壁・床によって区画される必要があります。

8.住宅の耐久性
外壁に接する土台が木造の場合、土台の防腐・防蟻措置は、ひのき・ひば・べいひ・べいすぎ・けやき・くり・べいひば・台湾ひのき・ウェスタンレッドシーダー・こうやまき・さわら・ねずこ・いちい・かや・インセンスシーダー もしくはセンぺルセコイヤによる製材、またはこれらの樹木を用いた集成材を使用する必要があります。そして、土台に接する外側の下端には水切りを設ける必要があります。

また、住宅の炊事室・浴室・便所には換気用の設備を設ける必要があります。

さらに、主要構造部が耐火構造または準耐火構造であり、耐久性基準に適合する住宅である必要があります。

最新人気ランキング