フラット35を選ぶべきなのはこんな人

フラット35がどのような人に向いているものなのかを、今回は考えていこうと思います。

1:ローン返済の安定性を重要視したい人
フラット35は、金利が上昇するすることがなく、安定をしているという魅力があります。最近では、変動金利型の住宅ローンの方が人気があり、実質ゼロ金利状態のようになっているのですが、実質ゼロ金利状態はいつまでも続くわけではありません。変動金利型の住宅ローンは、金利が上昇してしまうと、月々に返済をするローンの金額も増えてしまいます。しかし、フラット35では、世界経済や日本経済が良くなろうが悪くなろうが、金利に変化がないのです。ですので、ローン返済の契約をした時点に決定をされた返済額が、これ以上増えてしまうというようなことがないのです。ですので、計画的にローンの返済を行うことが出来ます。

2:優良住宅を購入したい人
フラット35ではプランの中に、耐震性・省エネルギー性・バリアフリー性・耐久性・可変性に優れた優良住宅の場合は、金利が低くなるという特別なフラット35Sというものがあるのです。フラット35Sでは、ローン返済を始めて10年間もしくは20年間の間は、金利が0.3パーセント引き下げられるのです。フラット35では、この他にもフラット35Sエコという商品を展開する予定で、このプランでは金利が0.7パーセント引き下げられることになります。こういった優良住宅だけ金利を引き下げるというサービスは、他の金融機関では行われていませんので、該当する方はお得にローンを利用することが出来ます。

3:35年以上の長期間のローンを申し込みたい人
フラット35では、基本では35年のローンが最長の期間になっているのですが、年齢条件をクリアしていたり、優良住宅の認定を受けた住宅であれば、フラット50というローンプランで、最長で50年のローンを組むことが出来るのです。最近では、50年のローンを組むことが出来る金融機関もあるのですが、そういったところは最長10年が固定金利で、その後は変動金利になってしまうようです。50年間ずっと固定金利となっているのは、フラット50だけなのです。50年ローンにすると、月々の返済額は減りますが、総合的な支払額は35年よりも高くなってしまいますので、よく考えて利用をして下さい。

4:団体信用生命保険に加入が出来ないという人
フラット35では、団体信用生命保険に加入を強制しておりません。一般的な金融機関では、ローンを組む場合は、団体信用生命保険に加入をしなければならないことが多いのです。しかし、中には団体信用生命保険に加入が出来ない人もおられます。そんな人でも住宅ローンを組めるのが、フラット35なのです。しかし、団体信用生命保険に加入をせずに長期ローンを組むと、リスクは高くなってしまいますので、出来れば団体信用生命保険には加入をして頂きたいです。

最新人気ランキング