固定型金利選択型のリスクとはどんなものなのか

住宅ローンの金利は、それぞれの金融機関によって名前の違いはありますが、基本的には3つの種類に分類されます。その3つとは、全期間固定金利と、変動金利、固定金利選択型になります。

固定型金利選択型は、さまざまな種類にさらに細分化を知れているので、特に注意をしなければなりません。固定金利という言葉を鵜呑みにして簡単にローンを組むことは、リスクを伴いかねないので、気をつけなければなりません。固定金利選択型とはどういうものかと言いますと、金利の固定期間が設定されている住宅ローンのことを言います。固定期間は、3年、5年、10年などの一定期間が設けられていることが多いようです。固定金利選択型は、固定期間が過ぎた時点で金利の見直しが行われるのが特徴になっています。

最初のうちは低い金利でローンの支払いをすることが出来るのですが、固定期間を終了してしまうと、そのときの市場に応じた金利へと見直しをされることになります。ですので、固定期間を過ぎた時点で住宅ローンの金利が上がっていると、返済額がアップされてしまうことになります。

今後10年の住宅ローンの金利を考えてみますと、金利は上昇傾向にあるとされています。金利の上昇がどこまで上がるかということはとても重要なことなのですが、それは予測が出来ないことなのです。金融機関側も、住宅ローンの金利が上昇傾向にあると言っています。しかし、金利の上昇率がどれだけ上がるのかということが分かっていないので、毎月一定の収入であるサラリーマンには、リスクが高いものかもしれません。

最新人気ランキング