フラット35の利用条件〜基礎編

フラット35の基本的な利用条件をまとめてみたいと思います。まずは、ローン申込者の条件についてです。申込者の条件は以下の通りになります。

・申し込み年齢が満70歳未満の方
・総合返済負担率が30パーセント以内(年収400万円未満)、35パーセント(年収400万円以上)
ローンの対象になる住宅にも条件があります。条件は以下の通りです。
・一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の場合は住宅の床面積が70岼幣紊里發痢
・マンションなどの共同住宅の場合は、住宅の床面積が30

以上のもの。

・住宅金融支援機構が設定をした技術基準に合致している住宅。

技術基準についてですが、接道の条件や断熱構造、遮音構造、住宅の耐久性などの審査があり、一般的な住宅ローンよりかは基準が厳しくはなっています。

その他の条件には、以下のようなものがあります。

・融資金額は、100万円以上8000万円以下で、建設費または購入価格の100パーセント以内であること。
・金利は返済期間内は一定ですが、金利は金融機関で多少の差があります。
・繰り上げ返済は100万円から行うことができ、その際は手数料は一切掛かりません。
・借り入れの期間は、最長でも35年ですが、返済完了時の年齢は80歳以下でなければなりません。
・保証人を用意する必要はありません。
・団体信用生命保険は、機構団体信用生命保険特約制度に加入をすることが出来るのですが、加入が義務付けられているようなことはありません。
・火災保険は、加入をしなければなりません。

フラット35Sについて

フラット35Sは、優良住宅取得支援制度といわれ、省エネルギー性や耐震性などに特に優れた住宅に対して住宅ローンを組む場合に、借り入れの金利を一定期間引き下げることが出来る制度があるローン商品です。現状(2011年10月1日〜2012年3月31日)までに申し込みをすると、ローンの返済開始から10年間もしくは20年間の金利を0.3パーセントまで引き下げることが出来るのです。金利の引き下げ期間は、対象となる住宅の性能によって異なります。

平成23年の第3次補正予算が成立すると、フラット35Sエコという新しい商品が出来る予定になっています。この新しいフラット35Sエコは、フラット35Sをさらに拡充させたもので、省エネルギー性の特に優れた住宅を購入する場合、フラット35Sの初めの5年間の金利をさらに引き下げて、0.7パーセントにしたものなのです。東日本の被災地では1.0パーセントに金利を設定しています。

フラット50について

フラット50は、長期優良住宅の認定を受けた住宅だけに、ローンの返済期間を最大で50年まで引き上げることが出来る制度です。返済期間が大幅に長くなるので、申し込み時の年齢の条件が44歳とフラット35よりも厳しくなってしまいます。ローンの対象になる住宅は、長期優良住宅の普及の促進に関する法律の規定で、認定を受けた長期優良住宅建築等計画に基いて建築をされた住宅に限定をされています。

最新人気ランキング