優遇金利や変動金利には注意が必要?!

住宅ローンの商品の中には、優遇金利などのサービスを行われているものもあります。信用金庫や都市銀行では、顧客を対象として、優遇金利などのキャンペーンを行っている金融機関もあるようです。ここで特に気をつけて頂きたいのが、キャンペーンを行っている金利についてです。2〜3年前に超低金利のキャンペーンで、2〜3年の固定金利を利用された方は、優遇金利のサービスを受けられる期間が終了をする頃となります。ですので、金利がアップして返済金額も一気に上昇をしてしまいます。

優遇金利のローン商品の説明などを読んでいますと、魅力的な金利が書かれていることが多いですが、返済期間のトータルからすると、そのサービスを受けられるのは、ほんの数年という短期間です。住宅ローンの場合は、長期的にみてどのローンがいいのかを検討しなければならないと思います。ローン商品の謳い文句の金利に惑わされてローンを組んでしまうと、後から金利が上昇してしまい、返済計画が崩れてしまうようなこともあるのです。

例えば、3年前に3年の固定で3000万円を借りたとして下さい。平成15年頃には、ゼロ金利キャンペーンを行っている金融機関も多く、1パーセント程度で金利が借りられるところもたくさんありました。35年ローンを組んだ場合の月々の返済額は、8万円台半ばになります。

長期固定金利のフラット35では、平成15年頃でも3パーセント台の金利でしたので、毎月の返済額は12万円くらいになっていました。

この2つを比べると、月々の返済額の差が3万円以上もあるので、多くの方が3年固定の金利となっているローンを組まれました。

しかし、3年が経過した今、3年固定の金利キャンペーンが終了し、金利の優遇も0.1パーセントまで縮小をされてしまいました。4年目からは金利は3パーセント台になり、毎月の返済額は3万円アップして11万円台半ばになります。この金額は、フラット35を利用した人が最初から支払っている価格と同じくらいの返済額になっています。

今後も住宅ローンの金利は上がっていくと言われていますので、次回の金利の見直し時期には、数万円また返済額が増えてしまう可能性があります。最初の返済額が低いことに魅力を感じてローンを組んでしまうと、このように後になって返済額がどんどん増えていき、支払いに苦しむという事態になりかねないのです。

変動金利た固定金利選択型のローンは、低い金利を謳い文句にして売り出しています。しかし、その低い金利は短期的な数字なのです。長期のローンを組む際は、10年後やこの先にどのような支払額になっているかをきちんと把握をしなければなりません。

変動金利た固定金利選択型のローンは、リスクが高いローンでもあるので、フラット35のようなローンが住宅ローンの主流となっています。

最新人気ランキング